« 理論政策更新研修 | トップページ | セミナーに執筆に »

2008年10月 6日 (月)

相乗効果

つい先日、知り合いの方から

「中嶋先生はお若いのに、どうしてそんなに(消費税のことが)詳しいんですか?」

と尋ねられました(お世辞も入っていると思いますが)。

その場では、「いえいえ。そんなに詳しくないですよ~」とお答えしましたが、後から考えると確かに税理士全体の平均よりは知識が多いように思います。

統計をとったわけではありませんが、税理士の知り合いも多いので日常会話から推測して平均より多いかな?と感じるということです。

その理由は、やはり、専門学校で消費税法の講師をしていたり、消費税に関する連載を続けさせてもらっていることに尽きると思います。

ありがたいことに消費税の講師は6年半、連載は約3年半も続けさせていただいています。

過ぎてしまえばあっという間なんですけど、振り替るとよくここまで続いているものだと思います。

講師をするにあたっては、人前でしゃべるということよりも、「間違いを教えられない」という点にいつもプレッシャーを感じています。

原稿も同じですね。間違いを書いてそれを信じて処理してしまう人が出てくれば・・。と思うとそのプレッシャーたるや相当のものがあります。

税法は解釈の違いで意図しているのとは全く反対の結果が生じたりしますし。

そういうプレッシャーの元では、当然事前準備にもかなり力が入ります。

初めて講師をさせていただいた年は、毎週3時間の授業の準備をするのに9~10時間の時間を使って準備していました。

また、生徒さんから質問があったときに即答できるように、分からないところを本をひっくり返して調べたりもします。

そういった勉強をしていることが、自然と自分の知識を増やしていったのだと思います。

やはり、税理士会の研修会に出席して、半分睡眠をとりながら聞いた話ではなく、その場その場で真剣に勉強した内容は、中々忘れないものですね。

毎週授業の時間を確保したり、原稿執筆のペースを守るのは大変ですが、結局は自分に返ってきているのだと思うと、少しやる気が出てきます。

これからも、コツコツと知識を増やしていきたいと思います。

税理士 大阪 中嶋聡税理士事務所

|

« 理論政策更新研修 | トップページ | セミナーに執筆に »

税金関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461648/24313304

この記事へのトラックバック一覧です: 相乗効果:

« 理論政策更新研修 | トップページ | セミナーに執筆に »