« 中小企業診断士登録申請 | トップページ | 給与計算ソフト »

2007年9月21日 (金)

経営計画の策定①

これまでブログタイトルらしい話を全然してこなかったので、ここいらでちょっと真面目にビジネスマネジメント的な話をしたいと思います。

中小企業では日々の仕事に忙殺され、会社の将来像まで思い描いている経営者の方は少ないと思います。

しかしながら、将来像(計画)のない会社は羅針盤のない船と同じです。
その場その場の行き当たりばったりの経営は、自分で会社の行く末をコントロールできていないということで、ちょっと景気が悪くなったりという外部環境の変化が起きると、たちまち赤字経営に転落というケースは非常に多いです。

外部環境の変化に左右されず、着実に業績を伸ばしている会社というのは、やはりしっかりと経営計画を策定していらっしゃいます。
PDCAサイクルのP(計画)の部分ですね。

「経営計画を作るっていっても、何からしていいかわからんよ~(怒)」

確かにその通りです。
しっかりと目的をもって、しかも適切な手順を踏んで計画策定しなければ、それは単なる絵に描いた餅になってしまいます。

まず今日は策定にあたっての一つ目のポイントをお伝えしたいと思います。

それは、経営理念・経営方針を明確化し、社長が思う会社の将来像を明らかにする(文書化する)ことです。

すべてはここからです。
「将来どんな会社にしていきたいのか。」

「この会社を通じて社長は何を実現したいのか?」

「それは会社の経営理念・経営方針と整合性がとれているのか。」

等、日々の仕事が手一杯でも、考える時間は十分捻出できるはずです。細切れの時間を使って、まずは会社の将来像、社長個人の将来像を考えていきましょう!

|

« 中小企業診断士登録申請 | トップページ | 給与計算ソフト »

ビジネス関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461648/8041897

この記事へのトラックバック一覧です: 経営計画の策定①:

« 中小企業診断士登録申請 | トップページ | 給与計算ソフト »