トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月27日 (木)

消費税の処理

 色々な会社の弥生データを見たり、記帳指導で個人事業主の方の帳簿を拝見させていただいていると、消費税の免税点の引き下げ(3000万円→1000万円)の影響で消費税の課税事業者が増えてきていて、多くの事業所でその対応が未だ不十分であるという印象があります。

消費税は毎年の税制改正は少ないものの、一つ一つの取引に課税・非課税・不課税・免税の判断が必要になるため、一般の納税者の方にとって非常に煩雑な仕組みになっています。

『受取利息は非課税売上ですけど、株の受取配当金は不課税売上ですよ~。でも投資信託の収益分配金は非課税売上です。その理由は・・・。』とか、

『通常の銀行振込手数料なんかは課税仕入れでいいんですけど、クレジット会社からの振込金額で加盟店手数料となっているのは、不課税仕入(若しくは非課税仕入)ですよ。その理由は・・・。』とか、

『社宅の権利金(敷引)は非課税仕入ですが、事務所の権利金(敷引)は課税仕入れですよ。その理由は・・・。』

等、間違いやすい取引だけをあげても、かなりの項目になります。これを税理士以外の人が普通に判断できるようになるためには、相当の努力(勉強)が必要です。

消費税の引き上げ論議とともに、複数税率(生活必需品の税率は低めで贅沢品の税率は高めに設定)の導入が検討されることと思いますが、もし現在の税額計算の仕組みのまま導入されたときは・・・。

その煩雑さたるや想像しただけでも、ぞっとします。

消費税も平成元年に導入されてもうすぐ20年。納税者の帳簿内容に影響されない、もっと簡単な仕組み(インボイス方式(※)等)を考える時期にきているのかもしれません。

※領収書・請求書に記載されている消費税額から直接税額計算する仕組み

消費税課否判定ハンドブック 平成19年版 (2007) Book 消費税課否判定ハンドブック 平成19年版 (2007)

販売元:納税協会連合会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図解消費税 平成19年版 (2007) Book 図解消費税 平成19年版 (2007)

販売元:大蔵財務協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

消費税入門の入門 Book 消費税入門の入門

著者:辻 敢,齋藤 雅俊,本田 望
販売元:税務研究会出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月25日 (火)

給与計算ソフト

今日はお客さんの給与計算業務に使うために、給与計算ソフト(給与応援super)を購入しようと、2~3社見積もりをとりました。

給与応援は以前勤めていた事務所で使用しており、給与計算だけではなく、年末調整から、社会保険の処理までこなすことができるスグレモノという印象でした。今回給与計算ソフトを色々検討した結果、やはり値段はちょっと高めですが、給与計算ならコイツかなという感じで導入を決めました。

単純に給与計算だけでいいならlite版がお薦めです。

給与応援Lite スタンドアロン版 Software 給与応援Lite スタンドアロン版

販売元:エプソン
発売日:2007/04/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

給与応援Super スタンドアロン版 Software 給与応援Super スタンドアロン版

販売元:エプソン
発売日:2007/04/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する




相見積もりをした結果、納期は長めだったが価格は一番安かったA社に決めました。
実は最初から、A社が一番安いんじゃないかと思っていたんです。

ただ、B社は営業マンと顔見知りだったり(出版物も購入したり)したので、「もしかして・・」と思って声をかけてみたんですが・・・。

「知人」と「友人」の違いを再確認させていただきました(-_-;)。

経営者の皆さんは当たり前のようにされているかもしれませんが、私もちょっと値が張るものであれば時間の許す限り、相見積もりをとるように心がけています。

競争原理とは、やはりすごいもので1社より2社の方が確実に安くなりますね。それでも下げない場合は、時間ももったいないので「底値かな?」と判断するようにしています

ただ、値段の張るものであれば、ちょっとの下げ率が大きな金額に跳ね返ってくるので、ギリギリまで交渉します。

このような取引交渉は、商売人なら誰でもやっていることだと思いますが、ここに中小企業が取るべき経営戦略を垣間見る事ができます。

まず、

誰でも扱っている商品(どこで買っても差が無い商品)は価格競争に巻き込まれやすいという点。


また私は今回価格だけではなく納期の長短も取引の重要な要素と考えていたように、納期が短い、決済手段が複数用意されている等

価格以外の条件交渉にも対応した方が競争上、優位に立てるという点。

このような点から、中小企業が取るべき戦略はおのずと価格競争に巻き込まれない「差別化戦略」ということになります。しかしながら。本来の差別化戦略は商品の独自性を実現できる開発力・技術力が必要です。

そのような技術力が自社にないのなら、アフターフォローを充実させるとか、短納期を実現するとかいった商品以外のサービス部分での差別化を検討するべきです。

差別化するんだ!という掛け声を掛けられている経営者の方は、その「差別化」の中身をじっくり再検討し、他社と比較した競争優位性がどこにあるのか考えてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

経営計画の策定①

これまでブログタイトルらしい話を全然してこなかったので、ここいらでちょっと真面目にビジネスマネジメント的な話をしたいと思います。

中小企業では日々の仕事に忙殺され、会社の将来像まで思い描いている経営者の方は少ないと思います。

しかしながら、将来像(計画)のない会社は羅針盤のない船と同じです。
その場その場の行き当たりばったりの経営は、自分で会社の行く末をコントロールできていないということで、ちょっと景気が悪くなったりという外部環境の変化が起きると、たちまち赤字経営に転落というケースは非常に多いです。

外部環境の変化に左右されず、着実に業績を伸ばしている会社というのは、やはりしっかりと経営計画を策定していらっしゃいます。
PDCAサイクルのP(計画)の部分ですね。

「経営計画を作るっていっても、何からしていいかわからんよ~(怒)」

確かにその通りです。
しっかりと目的をもって、しかも適切な手順を踏んで計画策定しなければ、それは単なる絵に描いた餅になってしまいます。

まず今日は策定にあたっての一つ目のポイントをお伝えしたいと思います。

それは、経営理念・経営方針を明確化し、社長が思う会社の将来像を明らかにする(文書化する)ことです。

すべてはここからです。
「将来どんな会社にしていきたいのか。」

「この会社を通じて社長は何を実現したいのか?」

「それは会社の経営理念・経営方針と整合性がとれているのか。」

等、日々の仕事が手一杯でも、考える時間は十分捻出できるはずです。細切れの時間を使って、まずは会社の将来像、社長個人の将来像を考えていきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

中小企業診断士登録申請

ようやく、昨日中小企業診断士の実務補習3回目が終わりました。

実務補習では、最後に診断企業の社長さんに向けて
報告会を開くのですが、これが結構キンチョーするんです!
(3回目だったんで、最初に比べるとだいぶましでしたけど。)

キンチョーしたりあわてたりすると、どうしても早口になってしまう癖があるのですが、一人15分という持ち時間の制限もあって、今回もやってしまいました・・。

社長さん聞き取りづらかったと思います。スンマセン・・。m( _ _ )m

なんとか、報告会を終わらせて修了式に出席。

修了式終了後、登録申請の用紙を中小企業診断協会に提出して飲み会へ(中小企業診断士の登録は10月頭になるようなので、登録できたら、また報告します!)。

いや~一仕事終えてから飲むお酒はおいしいもんですね~。
協力しあった班のメンバーと楽しい時間をすごしました。

1、2回目のメンバーもそうですが、また、何かで一緒に仕事ができるといいですね。

さて、また今日から税理士業務に復帰です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

今日の実務補習

昨日は、午後に当事務所が代理店をしている生命保険会社の担当者が来所。
それ以外の時間は引き続き中小企業診断士のレポート作成。

こう書くと、
「なんか、この税理士毎日レポート書きしかしてないな~」
「ちゃんと仕事してんのか・・・?」

という印象を持たれるかもしれませんがこれには深~い訳があります。

今回で実務補習は3回目(最終)なのですが、通常5~6人のチームが2週間で実際の企業を診断します。
そして、最終的に診断内容を報告書にまとめて、報告会を開くのですが、この報告書のボリュームが大体80~100ページぐらいあるので、ちゃんとしたものに作成しようと思うと全然時間が足りないのです!
(私なんかは昼間の時間使えるのでまだましですが、会社員で参加している人は平日仕事が終わってから書き始めることになるので、かなり厳しいと思います。ほんとに頭が下がります・・・。)

しかも、なんと今回は参加者の都合で通常5~6人のチームが

3人にっ!!誰の陰謀じゃっ!(- _ - メ)

単純に作業量が2倍になってしまったので、今週はレポート作成にかかりきりと相成ったのであります・・。

他のチームはちゃんと5人編成だったりするんで

一人分けて・・。って感じです。

現在の完成度は70%ぐらい。今週中に100%目指します!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月11日 (火)

レポート作成

今日は終日事務所でレポートの作成。

コラムにも書いていますが、現在中小企業診断士の実務補習中(9/6~9/18)なので、資料を集めつつ書き始めたんですがが、中々捗らない・・。

午前中はメールでお客さんとのやりとりが3件ほど。

午後に1件来客、打ち合わせ。

あとはひたすらレポート作成。
そんな1日でした。おもしろなっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

政治とカネ

最近「政治のカネ」の問題が新聞紙上を賑わしています。

事務所費の領収書を2重、3重に計上していたとか、政治資金収支報告書に実際は200万円の借入金を10年間1000万円で記載していたとか、我々会計のプロからするとあまりにも杜撰といわざるを得ません。

本当に単なるミスだったというならば、政治家の資金管理団体は簿記の基礎も知らない人々の集まりという事になってしまいます。

なぜなら、複式簿記の仕組みを採用していたなら、それらの虚偽報告はどこかにひずみが出てきていたはずで、ちょっと簿記の知識のある人ならそのひずみにすぐ気づくはずだからです。

いやいや、お金を管理する団体ですから、経理担当者にもそれぐらいの知識はあるでしょう。
ならば、単なるミスというよりも、何かしらの力が働いたとしか思えないのは私だけでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

ブログ始めました。

大阪市中央区北浜で税理士をやっている中嶋です。

今回HP以外の情報発信のツールとしてブログを始める事にしました。

肩の力を抜いて、日々の出来事を綴っていこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トップページ | 2007年10月 »